2019年の手帳を決めた【文具王のアクセスノートブック/ミドリのビジネスダイアリー/高橋書店の2年連用日記】

こんにちは。秋乃タノです。
2018年も終わりに近づき、来年使う手帳を買いそろえましたので今回の記事でご紹介したいと思います。

1.アクセスノートブック

アクセスノートブック
バレットジャーナル用の【アクセスノートブック】

まずは1冊目【アクセスノートブック】
当サイト一押しのノートです(*^^*)
※詳しいオススメポイントについては下の記事をお読みください。

赤い手帳のイラスト文具王の【アクセスノートブック】はバレットジャーナルに超おすすめです!

2018年から年をまたいで引き続き使います。

【アクセスノートブック】の使用目的:
タスク管理のためのバレットジャーナルとして使用します。

2.ミドリの【ビジネスダイアリー】

【ジブン手帳】を使ってみて週間バーチカルの手帳が書きやすいと分かったので、2019年もバーチカル式を選びました。

赤い手帳のイラスト年の途中で『ジブン手帳』を買って使ってみた感想
ミドリのビジネスダイアリー
ビジネスダイアリーの中身
ビジネスダイアリーの中身
(ごめんなさい、ねこのしっぽが映り込んでいます💦)
ビジネスダイアリーの中身

中身はマンスリー・ガントチャート・週間バーチカルの構成となっています。
こちらの手帳を選んだ理由はガントチャートのついた週間バーチカル手帳が欲しかったのと、ミドリさん独自の【MD用紙】の書き心地が好きだからです。
【MD用紙】についてはまた改めて記事にできればと思っています。
万年筆ユーザーさんには特にオススメの用紙です(^^)

手帳本体も180度パタンと平らに開く作りなので書きやすそう。

【ビジネスダイアリー】の使用目的:
マンスリー・週間ページは考えたことのメモや行動記録。ガントチャートは習慣チェックのために使用します

3.高橋書店の2年業務日誌

高橋書店の2年業務日誌

はじめての連用日記。こちらもA5サイズです。
「去年の同じ日のことが分かるって面白そう!」という好奇心から使ってみることにしました。

連用日記を探したところ3年・5年・10年連用のものが一般的のようでした。
ただ私は今回初めて挑戦するので、いきなり3年はちょっとハードルが高いな…と感じて2年連用を探したところ高橋書店さんの【2年業務日誌】がヒットしました。

2年業務日誌の中身
【2年業務日誌】の内容

中身はこのようになっています。
左のページに2019年の記録、右のページに2020年の記録を書き込む構成です。
きちんと書けたら2年目が楽しそうです(*^^*)
【2年業務日誌】を続けることができれば、その後は3年連用→5年連用と期間を延ばして行けるのが理想ですが…果たしてそこまでたどり着けますかどうか(笑)。

【2年業務日誌】の使用目的:
その日の出来事や主なニュース、来年の自分に伝えたいことを書くために使用します。

バレットジャーナルで情報を一元管理できなくなった理由

以前こんな記事↓を書いておいて何ですが…

赤い手帳のイラスト手帳をやめて「バレットジャーナル」を始めてみる

結局「手帳をやめる」ことはできませんでした。
【バレットジャーナル】はタスク管理のツールとしてとても役立っているので、これからも続けていくつもりです。

ただ、特に体調の悪い時などタスクを見たくない時がありまして。
タスクがあるということは、それだけ自分が出来ていないことがあるということなので…(-_-;)
特に【バレットジャーナル】は終わっていないタスクを毎日書き写していく作業をします。
うまくタスクを消化できないと書く量はどんどん増えていって、何だか自分が「出来ていないことだらけのダメ人間」に思えて悲しくなってしまうことがあるのです(T_T)

そういう時こそ「書いて頭を整理したい!」と 思うのですが【バレットジャーナル】に書こうとするとタスクの山が目に入って落ち込む…という負の連鎖が起きることが分かったので、私の場合は精神衛生上タスク管理と思考の整理は別々のノートでやったほうが良いという結論に至りました。

あ、溜まったタスクは比較的調子の良い時に片付けていけるようがんばります💦

ということで、2019年は上記の3冊の手帳(ノート)とともに過ごすことにしたというお話でした。