年の途中で『ジブン手帳』を買って使ってみた感想

こんにちは、秋乃タノです。

メイン手帳のバレットジャーナルを使うことがほぼ習慣になりつつあります。

手帳のアイコン手帳をやめて「バレットジャーナル」を始めてみる手帳のアイコン文具王の【アクセスノートブック】はバレットジャーナルに超おすすめです!

しかし先月、8月途中という中途半端な時期にジブン手帳を買ってしまいました。
理由は…「安く売られていたから」です(^^ゞ

【ジブン手帳】とは

参考 ジブン手帳公式ページKOKUYO

ジブン手帳と言えば今や「バーチカル式手帳」の代名詞と言ってもいいくらい有名な手帳。
公式ガイドブックが出版されていたり、大規模な同好会が結成されていたり…とその人気ぶりは年々高まっているようです。

そんなに人気なら一度使ってみたい…!と私も常々思っていました。
でも、少々値段がお高くて。
定価で購入して自分には合わなかった…となると心にもお財布にもダメージが大きいなあと、ためらう部分も少なからずあったのです。

それが今回3割引きで売られているのを発見!
この機会に試してみようとワクワクしながら購入を決めました(興味のある手帳を年の途中で安く手に入れるというのは結構アリな方法なのかもしれません)。

私が入手したのはジブン手帳Biz。ビジネス向きのシックな色合いにデザインされたジブン手帳です。

ジブン手帳24時間バーチカルが売りの手帳です。
ですので睡眠時間を含め自分の行動ログを細かく書きとめるのが本来の使い方(?)という印象でした。

が、自分にこの方法は合わなかった(>_<)

自分の普段の字の大きさからすると、ログを書くには枠が狭すぎたのです。
一度「書きにくいな」と思ってしまうと、もうそこで記入が止まってしまって…。
わずか数日で私のジブン手帳生活は終わりを迎えるかに見えました。

そうだ、日記を書こう。

その後思いつきで、ちょっとした日記を書いてみることにしました。
時間軸はガン無視で(えっ)。
内容はその日の体調だったり録画したTV番組のことだったり…
それこそ徒然草のように「心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつく」るようにしました。

そうしたら結構書けた!
実際の写真↓

 

ぼかしててすみません…でもかなりミッチリ書きこんでいるのがお分かりいただけるかと思います。
先ほど「ログを書くには枠が狭い」という不満点が一転「枠が狭いからすぐ埋まって楽しい!」という嬉しいメリットに変わってしまいました(≧▽≦)

本来の設定とは多少違っても自分に合った使い方を探すというのは、手帳を扱う上で実は大切なことなのかも…?と気づかされました。

とりあえず今年いっぱいはジブン手帳に日記を書く習慣を続けてみたいと思います!