家庭でエスプレッソが淹れられる器具「マキネッタ」を買ってみた

こんにちは、秋乃タノです。
私はずっとコーヒーがあまり好きではなく、専ら緑茶や紅茶ばかり飲んできました。
でも最近になってようやく

コーヒーが美味しくないと思うのは自分の淹れ方が下手だからじゃないか?

と考えるようになり、ネットで「美味しいドリップコーヒーの淹れ方」を調べては練習するようになりました。
そんな時に見つけたのが家庭でエスプレッソを簡単に味わえるという「マキネッタ」という器具です。

エスプレッソとは?

コーヒー初心者の私にとっては、エスプレッソ=苦いコーヒーくらいのイメージしかありませんでしたが、調べてみるとそれは少し違っていたようです。

簡単に説明すると、エスプレッソとは

1.深煎りのコーヒー豆を細かく挽いたものを

2.高温高圧の熱湯で一気に入れたコーヒー

ということらしいです。
(コーヒー豆の煎り方の程度・挽き方まで色々あるんですね。全然知らなかった…)

普通のコーヒーと比べて濃くトロミがあり、クレマという泡が立つのが特徴。
短時間で抽出するためコーヒーの雑味が出にくく、うま味だけが引き出されるのだそうです。

マキネッタ(直火式エスプレッソメーカー)って何?

一言で説明すると「エスプレッソを淹れるための直火式の器具」のことです。
お店で出されるエスプレッソはエスプレッソマシンという機械で淹れるようですね。
高い気圧を発生させられるので、本格的なエスプレッソを作ることができます。

デメリットは価格が高いこと、場所を取ること、お手入れが大変なこと。
よほどこだわりが強い方でもない限り、マシンは一般家庭向きではないのかなーという印象です。

ここでマキネッタの登場です。
マキネッタはイタリアの各家庭に1台はある(らしい)器具。
中に水とコーヒー豆を入れて(それぞれ入れる場所が決まっています)火にかけることで器具の中に圧力を発生させます。その圧力を利用してエスプレッソを作る仕組みです。

何人分のエスプレッソを淹れたいのかでマキネッタの大きさは変わりますが、一人分用だと2000円くらいから買えます。
パーツの作りも簡単なのでお手入れも超簡単。水洗いするだけで大丈夫です!
※コーヒーの油を器具になじませるため洗剤を使わないほうが良いんですって。

デメリットはマシンより圧力が低いのでクレマはほとんど立たないこと。
私はそこまでこだわらないので特に気になりません。

マキネッタを使った感想

使い方は慣れれば簡単、5分もあればエスプレッソが出来上がります。
弱火でしばらく過熱しているとコポコポと音がし始めます。これができあがりの合図です。そして一気にコーヒーの香りが部屋に広がります。
このアナログな感じ、なんかいいです(*^^*)

マキネッタのおかげでコーヒーを楽しく飲めるようになりました。
様々なアレンジ方法もあるようなので、いろいろ調べながら自分に合った味を探してみたいと考えています。