さかえ屋の隠れた名作焼き菓子(だと思う)「玉の子ブッセ」

こんにちは、秋乃タノです。

きょうはさかえ屋の「玉の子ブッセ」を紹介したいと思います!

クリームやジャムを間に挟んだ焼き菓子をブッセと呼ぶらしいですね。
その通り、「玉の子ブッセ」もサックリとした生地の間にバタークリームが挟まっています。
私が子どものころからある古参の商品ですが、はじめて食べた時の感想は…
しょっぱい・・・(´・ω・`)
でした。

そう、しょっぱいんです!
クリームにかなり塩が効かせてあります。
しかしこのしょっぱさがこれまたちょ~うど良い塩加減で、私は大人になってから、このお菓子を好きになりました。

最近では塩キャラメルや塩ソフトクリームなど塩味スイーツは当たり前になりました。

でも、まだ塩味スイーツがそんなに一般的でない頃から「玉の子ブッセ」は甘じょっぱいお菓子として存在したのです。
まさに時代を先取りした商品です(?)。

かわいい名前と見た目から小さなお子さんでも食べられそうですが、上記のしょっぱさゆえ、正直に申し上げてあまりお子さん向けではないかもしれません…。
むしろ塩味スイーツ好きの大人の方に食べていただきたい商品です。

「玉の子ブッセ」さかえ屋のオンラインショップで購入可能です。